Terminal of Milleage - HNT陸マイラーRitzのビジネスクラス搭乗記

ANAマイルを使ったお得な特典航空券の使い方や日常のちょっとしたお得情報を発信

3Gと4Gの速度の違いと特徴ってどうなの?

      2018/08/02

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

3Gと4G (LTE)の速度の違い

 

スマホ
 

普段なにげなく使っているスマホやタブレットPCなどの通信機器。これらを使用するために欠かせない3Gと4Gの違いについて説明できますか?

ではLTEとの違いとは? おそらく通信速度は違うんだろうけどどれぐらい違うのか。今や欠かせない存在でどんどん進化しているのに、あまり表舞台にでてこないですよね。

 

今回は、現在の情報化社会で知っておきたい4G(LTE)と3Gの違いや速度について、今さら聞けないことをまとめてみました。

 

Sponsored Link

3Gは安定感がすごかった

 

まずは3Gについて見ていきましょう。

3Gとは3rd Generation (第三世代)の略で電話回線を使用したモバイルネットワークです。

 

こんなにかっこいいなら略さずに積極的に使っていきたいですね(笑)ドコモではFOMAと呼ばれていた回線ですね。auではcdma2000という回線が3Gとして使用されていました。

なんとなく、ひと昔前の通信回線なんじゃないか?と言う印象を持たれている方もいるかもしれません。しかし、それだけ普及しているということでもあり現在の3Gの人口カバー率はなんとほぼ100%!

 

これは、国内のどこからでもアクセスできるということです。また、建物などの障害物にも強いので室内の音声通話などに適しています。

 

4Gは次世代の通信規格

 

では4G(LTE)とは3Gとどのような違いをもっているのか?「4G」という次世代の通信規格の一つで「Long Term Evolution」の略です。

現在の携帯電話は4Gが主流なので4G=LTEという解釈でいいでしょう。ここでも統一して4Gと呼ぶことにします。4Gは3Gの10倍以上ものスピードが出せるといいます。

だから動画のダウンロードなどもサクサクできちゃうんですね!

 

ただ、高速である反面利用できるエリアが限られており、電波の悪い所ではスピードが落ちてしまうというデメリットも。

それでも、安定性を保つために日々改善されつつあり、4Gの人口カバー率も3Gと変わらないくらいにまで発展しました。以前は都市部しか繋がらなかったり、まだまだ発展途上でしたが急速に成長したんですね。

 

3Gはもう必要ないの?

 

 そうと分かれば3Gより4Gの方が速いし、全部LTEに変えちゃえばいいよね! そう思われたかもしれません。ところが、そんな単純な話ではないようです。

 

4Gは高速ですが障害物に弱いという特徴があります。 4Gは建物を通過して電波を送ることが不得意なので、圏外にはならないもののスピードが遅くなってしまうという特徴があります。

 

そこをカバーしてくれるのが、障害物をも超えて電波を届けてくれる3G。3Gが4Gの弱点を補っているとても頼れる存在なのです。

スタミナには自信があるけれど実績はまだまだ半人前という新入社員を、経験豊富な中堅どころの先輩が支えて責任を取ってくれる…そんなイメージでしょうか(笑)

とはいえ、元々3Gの10倍の速度が出せるわけですから、日常的に使うには支障のない範囲で使えているのではないでしょうか?

それでも速い速度に慣れてしまうと、少しでも遅いとストレスを感じてしまうこともありますよね?

以前に比べれば充分速い速度のはずなのに、不思議なものです・・・

 

4G, LTE
 

4Gは次のステージへ

 

実はそんな欲深い私たちのために(?)さらなる快適な通信環境を求め、新たなデータ通信規格がもう始まっているそうです。

その名も「LTE-Advanced」(エルティーイー アドバンスト)! 現在の携帯電話保持者の約7割以上はスマートフォンユーザーです。

 

スマホは大容量のコンテンツを利用することが多いですから、通信回線が混雑すると速度が遅くなったりして快適に使うことができなくなります。

通信キャリア各社は当然それを想定して3Gや4Gの回線を整備してきたのですが、スマホユーザーの急増がそれを上回り、回線の混雑がなかなか改善されないのが現状でした。

 

そこで新たな通信規格を整えて回線をより安定させよう!急増するデータ通信に備えよう!と開発されたのがLTE-Advancedなのです。

これにより、より高品質な動画や音楽などが快適に楽しめるようになったり、データの送受信もサクサクできるようになるというわけですね。

 

携帯電話会社3社は順次対応機種を増やしているそうなので、今後のスマートフォン市場にもますます注目が集まりそうです。

 


 

 ということで、今回は3Gと4Gの速度の違いや、それぞれの特徴についてのお話でした。

 

どちらにもメリット・デメリットがあり、それぞれの弱点をお互いの違いがカバーし合うという素晴らしい関係性のもとで成り立っていることが分かったのではないでしょうか。

 

通信業界各社がより安定した電波を供給できるよう、日進月歩で各社が競い合っている結果の発展でもあります。便利なものは、使えなくなった時に改めてありがたみを感じますよね。

 

通信業界の日々の努力の積み重ねによって、私たちは便利で快適なインターネット環境を保てているということに感謝したいですね。

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

 - インターネット, スマホ , , ,