Terminal of Milleage - HNT陸マイラーRitzのビジネスクラス搭乗記

ANAマイルを使ったお得な特典航空券の使い方や日常のちょっとしたお得情報を発信

乱視の原因はスマホ!?その影響とは?

      2017/02/18

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

スマホを見るたび視力が下がる?乱視とスマホの関係とは?

 

インターネットが普及するようになり、情報化社会が進む中、パソコンだけに限らず携帯電話、タブレットなど色々な端末が普及するようになりました。

 

皆さんも既にお持ちになられているスマホもその一つです。

 

しかし、近年これらの普及に伴い、視力低下や乱視となる方々も増えているとの事で、眼科に通院される方も近年増加しているとの事です。

 

一体なぜスマートフォンを使用することで乱視になる原因と言われているのでしょうか?

 

今回は『乱視』と『スマホ』の関係について調べてみました。皆さんにとって参考になれば幸いです。

Sponsored Link

そもそも乱視になる原因って?

 

乱視になる原因の一つとして挙げられるのが『目を細める事』です。

 

よく見えない遠くのものを見るときや、目が疲れていて物が見えにくい時などに目を細めることがあると思いますが、実はこれ、目によくない事とされています。

 

何故ならこれによって眼球を上下から潰す力が加わって、それが角膜や水晶体の変化を及ぼしてしまうのです。

 

またこれによって水晶体異常を引き起こしてしまい、これが何度も繰り返されると水晶体は戻らなくなってしまい、乱視を引き起こしてしまうともいわれています。

 

スマホ,乱視
 

それでは、乱視とスマホの関係性とは。

 

それでは本題の乱視になるのにスマホは関係あるのか?という事についてお話ししていきたいと思います。

 

よく皆さんも『寝る前にスマホの画面を見るのはよくない』と聞くことが多いと思います。

 

しかしだからと言って、今の時点で乱視とスマホの因果関係は不明とされています。

 

『え?じゃあ寝る前にスマホの画面を見ても乱視にはならない可能性があるからスマホの画面をじゃんじゃん見てもいいの??』と思われた方もいると思います。

 

が、ちょっと待ってください!

 

そもそもスマホと乱視の関係性が不明なだけで、スマホの画面が視力低下やドライアイなどの目の問題を引き起こすことはあります。

 

例えば、スマホを長時間使用する場合、どうしても画面を凝視してしまう事がありますよね。

 

その場合、画面を見ることに意識を向けたときに、瞬きを忘れて画面に注目してしまう事があります。

 

正常な目は常に瞬きをしていると言われていますが、このように瞬きをしないと目の表面や角膜、結膜全体が乾いてドライアイになってしまいます。

 

すると角膜に栄養が行渡らなくなり、不純物もたまりやがては角膜が傷ついて乱視になる恐れもあります。

 

確かに、『乱視になる原因にスマホは関係があるのか』という記述に関してはまだ不明な点が多いです。

 

が、スマホの画面の見過ぎで目に悪影響が出ているのも事実とされています。

 

それと、スマホやテレビの液晶で使われている『ブルーライト』というものもあります。

 

これは紫外線の様に網膜に影響を与えてしまう恐れがありますので、長時間の使用は控えるようにした方がいいとされています。

 


 

対策はあるのか?

 

確かにスマホは乱視に与える原因になるだけでなく目に様々な影響を与える可能性があります。

 

ですが今やスマホはパソコンやテレビに並ぶ必需品です。

 

ではどうすればいいのかと思う方もいらっしゃると思います。

 

まずは『意識して瞬きをする』ことから始めてみてはいかがでしょうか?

 

実は瞬きは目に対して非常に重要な働きをしてくれます。

 

それは、以下の通りになります。

 

 

涙を角膜や結膜全体にいき渡らせて、必要な栄養と潤いを浸透させる。

 

・同時に不純物を涙で洗い流してくれる。

 

・目の周囲のリンパ液の循環を良くしてくれる。

 

・瞳孔の筋肉の緊張を和らげてくれる。

 

 

先程も申し上げましたが、瞬きは目を正常な状態に保たせてくれる大事な働きを担っています。

 

そのため、仕事上スマホやパソコンと向き合いっぱなしの方はこのように、意識して瞬きをすることをお勧めします。

 

人は3秒に一回瞬きをするといいと言われていますので、普段の生活から意識して瞬きをしてみるのはどうでしょうか?

 

それともう一つあります。

 

それは『ブルーライトをカットする事』です。

 

こちらは家電量販店へ行けばブルーライトをカットするためのメガネや液晶画面に張り付けるタイプのシートも御座いますのでそちらをお求めになるのもいいと思います。

 

また最近はスマホのアプリで設定するだけでブルーライトをカットできるアプリもあります。

 

しかもその殆どが無料なので、興味のある方はGoogle Play等で検索してみることをお勧めします。

 

最後になりますが、これも大事です。

 

スマホもテレビも、そしてゲームも、時間を決めて使用する事です。

 

ずっとダラダラと眺めていては目にもよくありません。

 

就寝の一時間前にはもう電源を切ったりして明日の朝まで使用しないなどルールを決めておくといいと思います。

 

いかがでしたでしょうか?

『スマホの画面を見過ぎると乱視になる』とか『液晶は目に悪影響しか及ぼさない』等いろいろな説が確かにありますし、それらが普及しだして現代人の視力に影響を及ぼしていることも事実です。

 

ですが、瞬きをしたりするなど対策を取る事によって、乱視のリスクは改善されますし、ブルーライトのカットを行うことで目への負担も減ります。

 

今回は乱視の原因について紹介してきました。

 

大切なたった一つしかない自分の目、しっかりケアしていきましょう。

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

 - 雑学 , ,