Terminal of Milleage - HNT陸マイラーRitzのビジネスクラス搭乗記

ANAマイルを使ったお得な特典航空券の使い方や日常のちょっとしたお得情報を発信

JCBで海外キャッシング繰り上げ返済とネットの組合せが最もお得!

      2018/07/14

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

JCBを使った海外キャッシング繰り上げ返済とネットバンクの合わせ技が手数料最安

 

海外キャッシング
 

海外旅行での外貨をお得に替える方法は?

 

誰もが海外旅行へ気軽に訪れるようになった時代。

 

今回は海外旅行における外貨両替のお話とその費用を抑える方法についてお話したいと思います。

 

ネット上でこのような海外に行った際に両替する最安の方法はクレジットを使ったキャッシングで繰り上げ返済だ!

 

みたいな記事を多く目にしたのではないでしょうか?

 

20カ国以上海外へ訪問した私からするとこれは正解ではあるのですが、きちんと手順を踏まえて海外キャッシングを行わないと、通常の両替商や銀行で日本円を替えるより損する結果となってしまいます。

 

私は海外へ行くときには必ずJCBのクレジットカードで海外キャッシングをして繰り上げ返済を行っています。

 

もちろんVISAカードやマスタカードでも海外キャッシングで繰り上げ返済できるのですがこれだと少額だと損する場合があります。

 

また海外キャッシングの繰り上げ返済にはネットバンクを使うと更に出費を抑えることができます。

 

そういったところも含めてJCBを使った海外キャッシングによる繰り上げ返済が最も安くつくのかといったことをまとめてみました。

 

また後半では、逆にやってはいけない、損する他の方法とは?ということでお伝えしていきます。

 

クレジットカートで海外キャッシングが使えないいざという時の参考にしてみてくださいね!

 

Sponsored Link


 

JCBでの海外キャッシング繰り上げ返済とネット利用が最安の理由

 

通常JCBやVISAに関わらず海外キャッシングを行った際にかかる費用は
  1. 為替手数料
  2. 金利手数料
  3. ATM利用手数料
  4. カード会社への送金手数料
この4つの現地通貨を手に入れる際の必要コストになります。

 

この中で3番のATM利用手数料が今回のJCBでの海外キャッシングが今回の要となります。

 

そして4番の返金の際の送金はネットの銀行(ネットバンク)を利用することで費用を無料にすることができます。

 

このネットバンクについては次章で詳しく説明します。

 

過去にはATM利用手数料がかからないATMというのが多く存在しました。

 

しかし最近ではアメリカやヨーロッパ、アジアどこの国へ行ってもこのATM手数料が徴収されること多くなりました。

 

1ドルや2ドルのところもあれば中には5ドルかかるようなATMもあります。

 

しかしこのATM手数料、JCBでは免除されるのです!

 

免除されるというと語弊があるかもしれませんが実際は費用がかかっているのですがJCBがあなたの代わりに負担しているのです。

 

VISAやマスタカードで利用するとしっかりと他の費用と一緒に徴収されます。

 

しかしJCBの場合カードの規則上為替手数料が基本的な海外キャッシングの収入源であり、現在のところATM手数料を取れないルールになっているようです。

 

VISAやマスタカード、アメリカン・エキスプレスは外資でJCBは日本の企業ということがこのルールに関係しているようです。

 

またこの方法のいいところは、キャッシングだからJCBのカードがどこのATMでも使えるということです。

 

カードをショッピングで使った場合、ハワイや韓国であればJCBも使えることが多いと思いますがアメリカやヨーロッパに行くと日本のJCBは使えずマスタカードやVISAだけということが日常茶飯事です。

 

しかしATMであればJCBはマスタカードと同じCirrusのネットワークを利用しているので基本的にクレジットカードを利用できるATMであればどこでも利用できるのです。

 

たかが2ドル程度のコストでも少額のキャッシングを4,5回とやっていると両替所を使った方が安かったなんてことになりかねないですよね。

 

繰り上げ返済の具体的な手数料

 

海外キャッシングの繰り上げ返済にはJCBを使うのがお得ということがわかりましたがその他の手数料はどうでしょうか?

 

1つずつキャッシングの際にかかる費用を見ていきましょう。

 

為替手数料

 

1番の為替手数料、これが他の方法やクレジットカードのショッピング利用と比べて圧倒的に安いのが1番の特徴で、海外キャッシングの繰り上げ返済が最安で両替できるという理由です。

 

通常クレジットカードを使ったショッピングでは為替手数料として1.6%~2%程カード会社からとられてしまいます。

 

これが海外キャッシングになるとほぼほぼ仲値になります。

 

為替は常に動いていますが私の経験からいくと、例えば1ドル110円だった場合、決済時の為替が110.1円や110.2円といった破格になっています。

 

つまり1ドルに付き手数料0.1円や0.2円といった具合です。

 

これがショッピングで利用すると122円といったように1ドルに付き2円ほどかかってしまいます。

 

金利手数料

 

通常キャッシングを利用すると18%程の金利がかかりますよね。

 

仮に1000ドルを1年間借りると1,180ドル返済しなければいけないということですね。

 

しかしこれは今回の記事のテーマである繰り上げ返済によって最小限に抑えられます。

 

例えばアメリカへ1週間旅行をして1000ドルをキャッシングして7日後に繰り上げ返済すれば

 

$1,000x18% /365日x7日=$3.45

 

3.45ドルの費用で1,000ドルが借りられるということになります。

 

為替手数料が安くて金利を最小限に抑えられる、これが海外キャッシングの繰り上げ返済の最大のメリットですね。

 

ATM利用手数料

 

先程解説したので詳しい説明は不要だと思いますが、要はATMを設置している銀行などが1回使う毎に2ドルもらいますよ、

 

というのがこの手数料です。

 

ですがご承知の通りJCBを使えばこの費用はかからないことがほとんどです。

 

他にも現在でしたらセディナカードというクレジットカードを使えばATM利用を無料にしているようです。

 

カード会社への送金手数料

 

これはカード会社からキャッシングした際に直接請求される費用ではありませんが返済する際に銀行送金が必要です。

 

三菱UFJなどの都市銀行で送金すると432円といった手数料が必要になります。

 

しかし住信SBIネット銀行や新生銀行、楽天銀行といったネットバンクを利用することで送金を無料にすることが可能です。

 

例えば住信SBIネット銀行ではどんな方でも月3回まで無料で送金が可能になっています。

 

ここはしっかり無料で節約してしまいましょう。

 

利用すべきではない両替方法とは

 

Sponsored Link

 

JCBを使った海外キャッシングの繰り上げ返済のメリットをお伝えしましたがどうしてもカードが使えなくなったといったときに使える方法はあるのでしょうか?

 

あまり利用すべきない両替方法も含めてまとめてみました。

 

金券ショップ

 

よく街中で見るディスカウントショップや金券ショップと言われる場所はどうでしょうか。

 

映画の券や電車の切符など様々なものが割引料金で売られていますが外貨の場合はケースバイケースでしょう。

 

こちら『金券ショップ』も外貨に替える上で手数料を抑えることが出来ます。

 

銀行よりも安く両替が出来る上に営業時間も比較的長いのが特徴です。

 

ただしあくまでも銀行よりもということでJCBの海外キャッシングには叶いません。

 

しかし米ドルのような流通量の多い通貨の場合は例外があります。

 

基本的に流通量の少ない紙幣程為替コストが高く付きます。(例:シンガポールドル、タイバーツ、オーストラリアドル等)

 

そのような流通量の少ない通貨は絶対に避けるべきですが米ドルの場合はコストが低いので先に金券ショップで現地の空港からホテルまでの費用だけ換金しておくのは現地でATMがないとあわてなくていいでしょう。

 

現地両替所

 

こちらは『先進国の現地両替所』か『新興国の現地両替所』かで手数料も大きく変わってきます。

 

新興国では現地での両替が割安になるのに対して、日本国内での両替は割高になってしまいます。

 

逆に先進国では現地での両替が割高になってしまいますが、国内での両替は割安になります。

 

またどちらにも共通しているのが、ホテルでは絶対に両替してはいけません。

 

手数料が最も高く、これは1番損をするパターンです。空港もホテルの次に高くなります。

 

私の経験ではタイやマレーシアといった両替商が盛んなところや銀行が競って手数料が安いような国ではキャッシングと同等のレートで両替できる国もあります。

 

私はこのような新興国の両替商が強い国で、前回余った通過を現地通貨(例:香港ドルをバンコクで両替等)に代えてお得に利用しています。(基本はキャッシング)

 

ただ先進国ではどうしてもキャッシングの方が安くつきます。

 

そのためどうしても外貨が必要なときは先進国だったら国内で、新興国だったら現地での両替を行う事をお勧めします。

 

FX(外国為替証拠金取引)

 

最期にこれは少しハードルが上がるかもしれませんがFX取引による安い為替手数料を利用したものになります。

 

例えばマネーパートナーズというFX業者で両替のサービスを行っています。

 

日本円を外貨に換える時の手数料は取り扱う企業や場所によって異なります。

 

そして通常FX業者は取引にのみ1ドルにつき20銭といった格安なレートを提供しています。

 

しかしマネーパートナーズではこのレートを適応して成田空港や関西空港のような国際空港で受け取れるサービスを行っています。

 

空港での受取手数料が必ず500円かかるので大きな額を両替するときは選択肢にいれてもいいかもしれません。

 

国際キャッシュカード

 

これは最も利用してはいけない1つの方法になります。

 

私も実際にかつてのCITIBANKの国際キャッシュカードをインドネシアのジャカルタで使用したのですが帰ってから後悔しました。

 

なんと4%程の手数料を取られていたのです。

 

これは通貨に限らず損をする方法なので避けることをおすすめします。

 

返済
 

海外キャッシングのまとめ

 

外貨両替の手数料を抑える方法は色々ありますが、私は断然JCBを使った海外キャッシングで繰り上げ返済が鉄板です。

 

ただどうしても事前に少しだけ現地通貨を用意しておきたいということがあると思います。

 

その時は、金券ショップに行き最小限だけ替えるのはありだと思います。

 

間違っても国内の空港で両替してはいけません。

 

詐欺まがいのレートか?というぐらい損をしてしまいます。(1ドル4円ぐらいの手数料)

 

まとめると海外キャッシング以外で場合によってはありなのは
  1. 金券ショップでの流通量の多い先進国の通過(米ドル、ユーロ)
  2. 新興国の両替商が強い国(例:タイ)
になるかと思います。

 

逆に絶対やってはいけないのは
  1. 国内の空港での両替
  2. 現地ホテルでの両替
  3. 国際キャッシュカードを使ったキャッシング
これらの方法は避けるべきでしょう。

 

クレジットカードの海外キャッシングの場合は現金を沢山持ち歩く必要もありませんし、なにより防犯目的という意味でも海外旅行ではお勧めしたいと思います。

 

海外旅行に行くと荷物の盗難などのトラブルも多いため、むやみやたらに現金を持ち歩くのは危険です。

 

防犯対策の為にバッグはショルダー形式の物で常にバッグの部分を前向きにして持ち歩くなどの防犯対策もしっかり備えておくことが大切です。

 

JCBの海外キャッシングで繰り上げ返済して浮いた費用にお土産や現地滞在にまわしてみてはいかがでしょうか。

 

旅行が楽しすぎて、帰国してからネットで繰り上げ返済するのを忘れないでくださいね。

 

Sponsored Link

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

 - 旅行, マネー , ,