Terminal of Milleage - HNT陸マイラーRitzのビジネスクラス搭乗記

ANAマイルを使ったお得な特典航空券の使い方や日常のちょっとしたお得情報を発信

タイ国際航空、オンラインで事前座席指定!快適シートをゲットする方法

      2018/10/16

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

タイ航空で座席指定のやり方最新版

 

近々タイ航空でクアラルンプールからバンコク、バンコクからデリーの区間で利用する機会がありました。

その時に何故かオンラインからうまく座席指定が出来なかったので忘備録も含めて、座席指定ができない!という方のためにやり方を残しておきたいと思います。

ちなみにANAなどの他社のマイルで予約した場合も、オンラインで変更可能です。

 

Sponsored Link

 

オンラインでの事前座席指定は3日前まで可能

 

まずはタイ航空のホームページにアクセスします。

https://www.thaiairways.com/ja_JP

 


 

タイ航空のトップページを開くとこのような画面が現れます。

この画面で「予約の管理」をクリックします。

 


そうすると「予約確認/事前リクエスト」というページが現れます。

ここでは赤枠で囲んでいる予約番号の欄に、アルファベット6文字の予約番号を入力します。

タイ航空を予約した際に受け取ったE-ticketやE-mail等に記載されている6桁の番号です。

そして2段めの欄、「旅行者の性(苗字)」の欄にアルファベット大文字で名前を入力します。

入力が完了したら「予約を表示」をクリックします。

 


 

そうすると予約番号やEチケット番号が表示された「予約内容ー詳細」のページに辿り着きます。

このページをずっと下の方にスクロールしていきます。

 


下にいくと「サービス」という項目があるので、そのサービスの1番下までいきます。

 


 

すると「座席・機内食のリクエスト/受託手荷物枠の購入」というボタンがあります。

ここをクリックします。

「座席・機内食のリクエスト/受託手荷物枠の購入」の1番下にあるので「フライト」の上と行ったほうがわかりやすいかもしれません。

 


 

そうすると「2.予約ー座席・機内食のリクエスト」というページが開きます。

このページ左側にある「事前座席指定」をクリックします。

 


 

すると座席指定のページが表示されるので自分が選択したいフライトを選びます。

私の場合は今回タイ航空のバンコク発デリー行きの座席指定を行いたかったので赤枠のところをクリックします。

 


 

すると搭乗する便名や機材、そして座席の図が表示されるので空いているところから席を選択することができます。

今回の場合ですとXの印のところは既に埋まっていることを示し、黒い椅子のマークが選択できる座席になります。

私は15のJのシートを選んでみることにしました。

横に他の人がいない席を選ぼうと思っていましたが必然的に15の列しか空きがありませんでした。

 


 

座席が決定すれば右下にある「決定」ボタンを押して事前座席指定の完了です。

とてもシンプルな流れなんですが最初私はそもそも予約番号と苗字を入れてもうまくログインができませんでした。

理由はわかりませんが、それで入れなかったからできない諦めずに日を改めて挑戦すればいいかと思います。

 

座席指定の変更はできるのか

 

Sponsored Link

 

1度座席を決めてしまったけど後で座席を変更したくなったときに変えることは可能なのか?

可能です。説明した手順と全く同じ要領で変更出来ます。

ただ座席の変更は3日前までで、出発の48時間を切ってしまうとオンラインでの変更はできなくなります。

その場合はチェックインするときにカウンターで尋ねるしかありません。

私の場合、1度座席指定を決定しましたが、フライト2週間前に機材の変更通知が届いたので再度席を選び直すことにしました。

 

事前座席指定する際に役立つおすすめサイト

 

座席指定はどのように決めていますでしょうか? 窓側が好き、通路側の方がトイレに行きやすいといった理由で座席指定かもしれません。

それに加えておすすめなのがseatguru.comというサイトを利用することです。

このサイトにはそれぞれの航空会社を選ぶことができその航空会社が保有している機種の座席を確認することができます。

その情報の中にはおすすめの座席や注意すべき座席などの情報が載っており、座席指定する際に役立ちます。

その座席の調べ方を簡単に説明していきますね。


 

いくつかの調べ方がありますが、シンプルでわかりやすい方法で説明したいと思います。

まず上の画像トップページ部分から、赤枠で囲んだAirlineをクリックします。

そうすると航空会社一覧がズラッとでてきます。


 

今回は私が利用するタイ航空を例に確認していきたいます。

 


 

タイ航空は英語表記”THAI”と書かれているのでこれをクリックします。

 


するとこのようにタイ航空が写った写真が現れるのでこのページを下へスクロールしていきます。

 


 

そうするとこのようにタイ航空が保有する機材一覧が表示されます。”Boeing”や”Airbus”などの機種が書かれてあり、その下にビジネスクラスやエコノミークラスの席数が記載されています。

 

今回は私が利用するボーイングの777-300を確認していきたいと思います。

 


 

そうするとこのような画面が表示されます。真ん中には選んだ機種の座席表図面が表示され、シートの広さや座席数の説明があります。

”Pitch/Bed Length”と書かれているのが簡単に言うと縦の長さになります。つまりこの数字が大きいと足元が広いということになります。

エコノミークラスのLCCを覗いた大手航空会社ではおおよそ31インチから34インチのシートピッチになります。

なので34インチという表記があればエコノミークラスの中ではかなり広めだということがわかります。僅かな数字の違いではありますが長距離線ではこの差がかなり大きく快適度に影響します。

ちなみに31インチがおよそ79センチ、34インチがおよそ86センチになります。座席指定する際にこのようなシートの広さも意識すると航空会社の特色がわかってくるようになり楽しいかもしれません。

調べる癖がついてくると韓国系の航空会社はシートピッチが広いんだなとか、アメリカ系の航空会社は狭いんだなとわかるようになります。

 


Seatguruより引用

 

実際に事前の座席指定の際に注意する点は、座席が書かれた図面で「赤色に塗られているところを選ばない」ということです。

例えば今回の777-300の44列目が赤く塗られており、エコノミー全区間の最後方列でリクライニングが十分に倒れないこと、またトイレに近く人が席周辺に駆け込むしれないという理由で赤い色になっています。

 


 

座席の赤くなっているところにカーソルを合わせると、なぜ赤く(良くないのか)なっているのかの理由が書かれた説明がポップアップして表示されます。

 

逆に、座席図上で緑に塗られている席がありますがこれは”良い席”であることを表しています。

よくある理由としては1番前の席なので足元がスペースが広いといった理由で緑色になっていることが多いです。

また黄色の表示は少し席の条件が悪いか、注意事項があるといった場合に黄色になっています。

基本的には赤と黄色表示を避けることで”悪い”座席を避けることができるかと思います。緑のシートは数が限られていたりで座席指定するのは難しいかもしれませんが、取れればラッキーぐらいの感覚で空いていたら抑えればいいかと思います。

タイ航空のオンラインで事前座席指定の手順を説明しましたが、座席指定するときは今回照会したseatguruなどの座席情報と併せながら選んでくのがおすすめです。

 

航空券の最安値を探すにはサプライスがおすすめ

 

タイ航空に関わらず安くで航空券を手に入れるにはサプライスがおすすめです。

最近はマイルで発券することが多いですが私も航空券を購入するときはいつもサプライスで発券しています。

具体的には、ハワイ往復で25000円やバンコク、クアラルンプールが往復18000円(LCCではありません)だったりでかなり安くで購入できることが多いです。

サプライスの航空券 クーポン利用でハワイ往復を25000円でゲット

 

おすすめ記事

エバー航空搭乗記 長距離機材B777-300ER快適シートで行くバンコクー台北

 

シンガポール航空A380搭乗記 関空発の座席は要注意

 

ANAマイルを使ってユナイテッド航空グアム便を予約するべき5つの理由

 

シンガポール航空最新の787-10ビジネスクラス搭乗記

 

Sponsored Link

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

 - 旅行, 航空, マイル, 搭乗記, タイ航空 , ,