Terminal of Mileage - 陸マイラーリッツのビジネスクラス搭乗記

ANAマイルを使ったお得な特典航空券の使い方や日常のちょっとしたお得情報を発信

ANA特典航空券 オープンジョーを駆使してヨーロッパ行きを予約発券しました!

      2018/11/26

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

ANA特典航空券 提携航空会社、オープンジョー、ストップオーバーを駆使してお得に旅をする

 


 

当ブログにお越しいただきありがとうございます。

 

ANAのマイルを使って国際線オールビジネスクラスの特典航空券を発券しました。実はこちらの特典航空券を発券したのはかなり前で今よりも燃油サーチャージが安かったのを記憶しています。

そして当時は記事にするつもりもありませんでした。

 

しかし、後に他の方々の搭乗記を読んでいると、貯めたマイルを「どうしてこの航空券を発券したのか?」「どのような意図をもってこの経路の便を予約したのか」といったような一面が垣間見れて非常に楽しかったのです。

そんなわけで時系列が逆転しちゃっていますが自分への忘備録の意味も含めて皆さんに紹介していきたいと思います。

 

Sponsored Link

 

ANA特典航空券 ダブルでオープンジョーを使っての発券

 

今回は一人旅でもなく母を連れての旅でした。なのでANAの特典航空券乗り換えルールを駆使してヨーロッパを2往復するようなあまりにもマニアックなルートは取らず、常識的な範囲のルートでヨーロッパ往復の航空券を発券しました。

 

まずは今回の大まかなルートですが往路は大阪伊丹を出発して目的地マドリード。

そして復路はアムステルダム出発の青森を最終到着地として発券しています。

 

実際発券した経路がこちらになります。

ITM-FUK-SIN-IST-MAD  AMS-BKK-TPE-SIN-KIX ITM-AOJ


*実際の旅程日は変更したため多少前後しています。

 

95000マイル+諸税2万弱ほどで発券しました。

タイトルにもあるように今回2つのオープンジョーを利用しての発券となります。

ANAの特典航空券ルールで出発国(出発ゾーン)と到着国(到着ゾーン)それぞれでオープンジョーが可能とされています。

 

【2018年ヨーロッパ旅行 マドリード-バルセロナ-アムステルダム】
旅行時期 2018年5月&6月
滞在都市 マドリッド, バルセロナ、アムステルダム
滞在日数 15日間
エアライン 全日空(国内線利用)、シンガポール航空、トルコ航空、エバー航空
旅行形態 個人手配
 

大まかなスケジュールはこんな感じ。

 

5/21:伊丹から福岡へ移動し前泊

5/22:福岡からシンガポールへ移動&シンガポールトランジットツアー

5/23:シンガポールからイスタンブール経由でマドリッドへ

5/24-26:マドリッド&トレド観光

5/27:マドリードからバルセロナへ移動

5/28-30 バルセロナ観光

5/31:バルセロナからアムステルダムへ移動

6/1:アムステルダム観光

6/2:ザーンセ・スカンスで風車を見る

6/3:アムステルダムから台北へ移動

6/4:台北観光後シンガポールへ

6/5:シンガポールから関空へ

 

日本国内でのオープンジョー

 

今回の旅程では日本国内、伊丹空港を出発して青森空港に到着するオープンジョーです。

 

私は大阪住まいなのですがどうして青森空港を最終目的地としたオープンジョー発券をしたのでしょうか?

それはオープンジョーとストップオーバー(途中降機)の合わせ技でヨーロッパ旅行以外に、その後数ヶ月先に国内片道分の航空券を無料で発券することが可能だからです。

(ストップオーバー:24時間以上の時間を空けて次の飛行機に乗り継ぐこと)

 

実際にヨーロッパへの旅行はシンガポールから関空で終了しているのですが、関空(大阪)でストップオーバー(途中降機)することで冬の青森に温泉に浸かりに行くといったことが可能になります。

これは青森に限らず沖縄でも札幌でもANAが就航しているところであれば日本全国どこでも可能です。

 

まずは日本国内でのオープンジョーを紹介しましたがあなたもこの制度を利用してお得に国内航空券を付け足して活用してみてください。こんなお得なことが出来るんだ!と考えながら発券すると特典航空券の発券自体が楽しくなりますよね(笑)

 

目的地ゾーンでのオープンジョー

 

 

Sponsored Link

 

そして目的地であるヨーロッパでも2つ目のオープンジョーを利用しています。

往路の到着地をマドリッドとし復路の出発地をアムステルダムにしています。

 

まず目的地のオープンジョーを利用する最大の目的はたくさんの場所に行くということです。

マドリッド行きで、復路マドリッド発の航空券を発券すれば1カ国(1箇所)しかいけません。当然ですよね?

 

今回のヨーロッパで言えばマドリッドとアムステルダムの長距離路線を固めてしまえば、マドリッド到着からアムステルダム出発するまでの期間にパリに行こうとバルセロナに行こうも、ロンドンへ行こうも自由自在にコントロールできます。

ヨーロッパ内はライアンエアーを始めLCCがたくさん飛んでいますので低費用で移動が可能です。

 

ANAの特典航空券ルールで国際線区間の乗り継ぎは往路復路とも2回までです。

仮にこの乗り継ぎ区間を変更しオープンジョー区間マドリッドからアムステルダムまでを含めた(例 成田-マドリッド-アムステルダム-成田)往復航空券で発券してしまうと他に行きたいところができても変更の自由が効かなくなります。

 

日程がカッチリと固まっている人であればいいのですが、そうでない人はとりあえずヨーロッパの航空券を確保してヨーロッパ内の行き先は後で決めようという、気持ちの余裕もできるのではないでしょうか。

オープンジョーにはこのようなメリットがあります。

 

ANAの特典航空券はビジネスクラスを乗り回したい人に最適のプログラム

 

今回の旅程ですが1回の旅行での総移動距離22,000マイル以上にも及びます。キロに直すとおよそ35000km!(地球一周が約26000マイル)

ビジネスクラスでなければ到底発券する気にもなれない距離です(笑)

具体的なルートを地図上で確認してみます。

 


 

東南アジアでなにかややこしいことになっていますね。これはシンガポール航空を多用したことが原因です(笑)

 

伊丹ー福岡(ANA)

まずは伊丹から福岡に飛んでいます。大阪の人ならわかるかもしれないですが関空って大阪市内からでも遠いですよね?

伊丹って近くて楽ですよね? ってことで伊丹発にしました(笑)

これもANAの特典航空券の大きな利点と思っていて、国内線の乗り換えが追加費用なしで出来る恩恵だと思っています。

今までは海外といえばいつも関空から出発していたので福岡空港から出発というのも新鮮で楽しみです。

 

福岡ーシンガポール(シンガポール航空)

まずは乗継地シンガポールを目指します。

そして福岡空港発は関空と比べて空港税が3分の2程度と大変お安いのももう1つの理由で、2人で4000円の節約にもなります。

 

シンガポールーイスタンブール

B777-200ERとシンガポール航空では珍しい機材で、古いのでANAのマイルでも発券可能な貴重な区間。

ただ特典枠は非常に少ないのでかなり日程に自由が効かないと空席を見つけるのは難しいといった感じでした。

 

イスタンブールーマドリッド(トルコ航空)

トルコ航空のビジネスクラスを体験してみたいという理由からイスタンブールを経由地にしたことで利用した区間。

イスタンブールのラウンジはかなり豪華なので期待大です!

 

アムステルダムーバンコク(エバー航空)

これも今回の旅行のメイン目的でもあるエバー航空の長距離線機材(B777-300ER)でビジネスクラスを利用するのに抑えたルート。

ANAの航空券日程表上ではアムステルダムから台北になっていますがバンコクで経由しています。

 

バンコクー台北(エバー航空)

アムステルダムからの続きになります。バンコクで1時間ちょっと程休憩し同じ機材で乗り継ぎとなります。

バンコクではエバー航空のラウンジが利用可能で余分に飛行機にも乗れると思っていましたが後に後悔するはめに…

 

台北ーシンガポール(シンガポール航空)

台北から関空に飛ばずに遠回りしている変態ぶりですがこれには理由がありまして、シンガポールから関空の機材を利用するためにこのようなルートをとりました。

 

シンガポール ー 関空(シンガポール航空)

トルコ航空やエバー航空に続きもう1つの目的でもある世界初就航であるB787-10を体験するための区間。

シンガポール航空が世界で初めてB787-10を就航させた航空会社ですが、その新機材の就航先としてシンガポールー関空便に選ばれました。この新機材でフルフラットシートのビジネスクラスを利用しました。

 

伊丹ー青森(ANA)

これが先程オープンジョーで説明した国内片道おまけ区間です。

復路は函館か秋田、仙台発などの片道航空券でつなげようと思います。

 

このようにANAマイルで提携航空会社を利用し,ストップオーバーなどを駆使して特典航空券を発券しました。

自分では普通なのですが皆さんにとってはこのルートはどのように感じられましたでしょうか? 飛行機好きとして是非あなたの感想を聞かせていただけると嬉しいです。

 

次回はヨーロッパ旅行に向けてフライトログブックを購入し実際に利用してみた体験記です!

フライトログブックを購入!海外とANA国内線で違いを体験!

 

ヨーロッパ旅行の目次
  1. ANA特典航空券でヨーロッパ行きを発券 本記事 
  2. ヨーロッパ旅行に向けてフライトログブックを開始 次回の記事
  3. シンガポール航空ビジネスクラスで行く福岡発シンガポール行き
  4. シンガポール航空ビジネスクラス シンガポールーイスタンブール レア機材B777-200ERで長距離移動
  5. イスタンブール空港のラウンジが超絶豪華!スターアライアンス利用者は必須のラウンジ体験記
  6. トルコ航空ビジネスクラス搭乗記 イスタンブール-マドリード 座席の寝心地が5スターを凌ぐ快適エアライン
  7. エバー航空ビジネスクラス搭乗記アムステルダム-バンコク
  8. エバー航空ビジネスクラス バンコク-台北で同一機材短距離路線の違いを味わう
  9. シンガポール航空ビジネスクラス 台北-シンガポール
  10. シンガポール航空787-10ビジネスクラス搭乗記 シンガポールから関空へ快適最新機材の旅
時系列が逆行していますが先にできたてホヤホヤのシンガポール航空の787-10の搭乗記アップしました。

 

【無料でハワイやビジネスクラスに乗れる方法を紹介】

お金をかけずに飛行機に乗れる方法を紹介しています。

ANAマイルを貯めて、ハワイへ行きたい、ビジネスクラスへ乗ってみたい方はチェックしてみてください。



 

ANAマイルのお得な発券方法はコチラ

 

ANA特典航空券、裏技を利用してお得な国際線ルートを組む方法

 



 



 

ANAマイルを使ってユナイテッド航空グアムを予約するべき5つの理由

 

Sponsored Link

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

 - 旅行, 航空, マイル , , ,